佐野厄除大師で初詣をしまして、せっかくなので佐野ラーメンを。

 

 

行こうと思ってたお店がまさかの大行列だったので、偶然見つけたニュー末広へ。

 

 

店内はテーブル席と座敷席。細川たかしさんの写真がいっぱい飾ってありました。

 

 

ラーメン580円はかなりリーズナブルですね。柔らかくて縮れた麺が特徴的です。とても懐かしい味わい。

 

 

餃子はめっちゃでかくてボリューミー。アッツアツでした。

 

近所にあったら頻繁に通ってしまいそうなお店です。

 

ごちそうさまでした。

 

関連ランキング:ラーメン | 佐野市駅

 

 

 

 

 

 

川崎の同僚が「いらないテレビがあるからあげる」というので、埼玉から川崎までドライブ。

 

2時間ほど下道を南下し、無事テレビを受け取って、「せっかくなら一緒にラーメンでも」とナビされたのがこのお店です。

 

 

21時過ぎに行ったのですが、賑わってますね。若干待ってテーブル席へ。家族連れもいたり、地元愛され系なのかな。

 

実は晩飯は食べてしまっていたので、麺がシェアできるようにつけ麺を頼みました。

 

 

具を見る限り、家系なのかな?って思ってたんですが、ちょっとちがう?

 

つけ汁は塩味がメインで、なかなか好みの味つけ。何かが極端に主張してくることもなく、安心して食べられる。

 

 

麺も変な主張がなく、安心して食べられる。

 

こういうお店が地元にあるとありがたいですよね。

 

ごちそうさまでした。

 

関連ランキング:ラーメン | 宮前平駅宿河原駅久地駅


 

 

夏休みを利用して伊豆下田の鍋田浜海水浴場へ遊びに行ったのですが、ホテルから海水浴場の間にうどん屋さんを発見。

 

 

「水着でもどうぞ」ということで海水浴ついでに行ってみました。


 

店内はテーブル席がメインですが、火鉢があったり、古民家っぽい装いです。

 

お店のご主人は関西弁の面白い方ですね。バタバタと忙しそうにしております。

 

 

メニューはうどんがメインで、いろいろなうどんがありました。温かいうどんがメインぽいですが、ざるうどんを頼んでみました。750円。
 

うずらの卵はうれしいですね。それ以外にも大根おろしとしょうがとねぎと、薬味が充実しております。


 

ざるうどんの上には花がつおが山盛りでナイスなビジュアルですね。


 

うどんは若干コシの強い喉越しですね。とても食べやすいうどんです。

 

ごちそうさまでした。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 伊豆急下田駅

 

 

 

 

たまの平日休み、奥さんとどこかドライブにでも行こうかと、ぶらり伊香保に行ってまいりました。

 

関越に乗って1時間半ぐらい? 舞茸好きの自分としては伊香保はちょこちょこ行く場所でもありますが、また舞茸だけ買って帰るのはちょっとさびしいなと思いまして、水澤観音にお参り。

 

そのついでに水沢うどんで有名な大澤屋でランチをしてまいりました。

 

 

まるで旅館のようなスケール。お店も駐車場も巨大ですね。隣にお土産屋さんも常設。

 

店内もまるで旅館。岡本太郎の作品や写真がいっぱい展示されております。

 

我々武蔵野地方の埼玉県民として、うどんといえば「武蔵野うどん」なのですが、もちろん水沢うどんの事も存じ上げておりますが、実は食べるのははじめて。

 

麺好き&舞茸好きなので、大ざると舞茸天が2つセットになった竹をお願いしました。

 

部屋はかなりの大広間でして、個室ではなくテーブルもまるで食堂のようにつながっていて、なんとも不思議な店内。

 

うどんはピカピカできれい。武蔵野うどんと比べるとかなりお上品な見た目と喉越し。スルスルッと食べられますね。

 

舞茸天も揚げたてでかなりボリューミー。サクサクで美味しい。汁はシンプルイズベストと言う感じの味わい。

 

大澤屋のまわりにもうどん屋さんがたくさんあるので、食べ比べみたいのしてみたいですね。

 

ごちそうさまでした。

 

 

関連ランキング:うどん | 渋川市その他

 

 

 


去年はじめて新潟のご当地ラーメン「燕三条系ラーメン」を食べて、その旨さに衝撃を受けまして、今年も絶対に行こうと決めておりました。


 




 


約一年ぶりの訪問ですが、お店までの道程も記憶に残っており、ワクワクが止まりません。


お昼すぎに到着し、20人弱の行列。去年も同じぐらいの行列があったので特に驚きもせず、ワクワクが募るばかりです。


回転はなかなかよくて、するスルッと店内に。






 


去年と同様、大盛りそばと餃子を頼みました。


 


まず餃子ですが、一粒200円とかなりのお値段。そのかわりデカイです。






 


餃子というより揚げ春巻きに近い味わいですかねー。結構オイリーでビールが飲みたくなります。


 


ラーメンもかなりオイリーな出で立ち。


ただむせ返るような脂じゃなくて、見た目以上に軽い感じでうまい。






 


背脂チャッチャ系のビジュアルですが、スープの出汁は魚介系という、一見ありそうでほとんどないコラボレーション。


 


スープはもちろん、チャーシューもメンマもうまいんですが、このうどんのような麺が素敵。






 


若干柔らかめですが、ワッシワッシといくらでも食べられそう。大盛りでしたがあっという間に完食です。


 


 


燕三条系ラーメン、是非関東にも進出してきてほしいものです。


 


杭州飯店

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 西燕駅