鍋カバーを使ったレシピ、教えてください!★プレゼント付き★

年末になると実家からりんごがどっさりと送られてくるんですね。

IMAG0215.jpg

実家って言ってもですね、車で5分なんですよ。

しかも、親が青森出身とかじゃなくって、生粋の関東人。

毎年毎年疑問に思ってたんですね。この「年末りんごが送られてくる事実」。

いつもそのまま食べることしかしなくて、やっぱり飽きてくるんですよ。

しかも冬の果物の代名詞「こたつみかん」に比べると、

皮むくのに包丁が必要だったり、切ったり、いろいろ面倒。

だったら他にうまくて手軽な食べ方ないかなーって思って、

鍋カバーレシピの本を手に入れまして、ページの最後に載っていた

りんごのコンポートをつくってみようと。

鍋カバーってなんだろうなーと思ってたんですが、

IMAG0221.jpg

こんな感じの保温性のあるものでして、鍋の火にかける時間を短くし、

省エネ&エコ&お手軽に料理ができちゃうという素敵な道具でして。


で、りんごのコンポートなんですが、作り方は本にしっかり載ってますので、

普段、麺を茹でる程度の料理の知識しかない私にしても、とても簡単でした。


1.皮のままりんごを8等分して、

IMAG0217.jpg

2.水1/2カップ、大さじ3杯の砂糖、レモンをしぼり、

IMAG0219.jpg

3.5分ほど煮る。

IMAG0220.jpg

4.で、鍋カバーに移して、10分保温。

IMAG0224.jpg

5.できあがりー

IMAG0225.jpg

冷めたら皮をむきましょうか。

柔らかくなってるので、手でむけますね。

IMAG0228.jpg

本にも書いてあったんですが、むいた後がすごいきれい。

と、ここまでは本に載ってた内容なので、ちょいとアレンジしてみました。

IMAG0229.jpg

ゼリーを作る元のゼライスと、午後の紅茶。

ちっこい入れ物にコンポートを入れまして、

IMAG0230.jpg

気の利いた入れ物がなくて、ウイスキーグラスですが、

IMAG0231.jpg

ゼライスを溶いた午後の紅茶を注ぎます。

IMAG0234.jpg

おー見た目綺麗だなー。これは仕上がりが期待できますね。


冷蔵庫に入れること数時間、

IMAG0254.jpg

あらー微妙な見た目になっちゃいましたね。

でも、味はというと、あまりあまくなく、紅茶の渋みが効いてて、

おとなのスイーツな感じに仕上がりました。

うまかった。

次回はりんごのコンポートを使ったアップルパイをお送りします。
クリスマス、何をして過ごしますか?



掃除だ掃除!!!!


年末なるべくゆっくりするために

大掃除を先にやるんだ!!!!


あと、余力があればくるまの掃除も。
あなたの恐怖体験教えて!

ある夏の暑い日、なんか冷たい牛乳をぐいー!!っと飲みたくて
流しにあったコップに牛乳をバーっと注いでグイーっと。

ノドをゴキュゴキュ言わせながら一気飲み。

そしたら、なんか、「コツっ」って歯にあたるんですね。

うわ!なんか入ってたのかな?! と思って
残りを流しにドバーッと出したら、



入れ歯 がゴトリと。。。



そのコップ、おばあちゃんが入れ歯を入れるために使っていた
専用のコップだったんですね。


ある夏の暑い日にノドを潤してくれた、入れ歯入りの牛乳。。。
あなたの好きな「グラタン」ってなんですか?

マカロニグラタン以外のグラタンが考えつかない!!


「癖」、ありますか?

治したいけど治らないくせがあります。

「貧乏揺すり」

これなんとかしたい。