JUGEMテーマ:埼玉

西武新宿線に航空公園という駅がありまして、
その名のとおり、駅前には大きな公園が。

その公園の目の前に、行列ができる二郎インスパイア系がありまして。



地域がらか、親子連れが多いですねー。
店内はテーブル席とカウンタ席で、なかなかの広さ。


ここのお店、メニューが大きく2つにわかれまして、

まず一つ目は、いわゆる二郎インスパイア系の「富士ラーメン」。



かなりの量のもやしですぞ。
もやしを避けるために別皿が一緒にでてきました。

麺がかなり二郎っぽいですね。太めでゴワゴワ。
ネギが乗ってるのは新しいですね。

そしてもう一つが、



つけ麺です。

つけ麺の元祖、大勝軒のつけ麺にすごく似ていますね。

一度で二つの有名店が楽しめるこのお店、行列ができるのも納得です。

唐麺や 十兵衛 所沢店ラーメン / 所沢駅航空公園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


西武池袋線の「狭山ヶ丘駅」から徒歩15分ほどでしょうか。
昔AUがあった所ですね。所沢三ケ島郵便局の交差点。

駅から徒歩〜というよりは、たぶん、地元の方が車で行くことが
おおいでしょうね。

そんな所に台湾料理屋さんが新たにできてまして。



なんて読むんだろう。カエンロウ?

店内はこんな感じで、テーブル席と座敷がメイン。



全家族向けですね。結構ひろい。

台湾ラーメンとチャーハンのセットを頼みましたよ。



超本格的!って味ではないですが、なかなか家庭的です。
量はすごいですね。普通に2人前です。

お酒のつまみも充実してます。



一つ一つ美味しかった。

そして一番インパクトがあったのはこれ。



鶏の唐揚げ。

こんな激盛りの唐揚げ見たことないです。なにこれ1匹?!

とても食べられそうにないなあと不安になってしまいましたが、
ちゃんとお持ち帰りの容器を用意してくださいました。

地元民&家族連れには嬉しいお店ができました。

JUGEMテーマ:埼玉

埼玉県飯能市。

西武池袋線の終点だったり、河原でバーベキューできたり、
地元の人にはおなじみの「飯能」に
うまいラーメンのお店を見つけましたよ。



百の川と書いて「ももかわ」と読みます。

わかりづらいですが、お店の隣に駐車場がありますのでそこへ駐車。

店内は小上がりがあるので、子供連れでも安心ですね。



絵本もいっぱいありましたよ。



その店名にもあるように、当たり前ですが
「中華そば」と「つけそば」のみのメニュー。



わかりやすくて良いですね。

中華そばに味玉をトッピングしてみましたよ。



ふんわり魚介の優しい味ですね。
ほろほろのチャーシューもうまい。

つけそばも頼みましたよ。



ちょっと黒い太麺は、そんなに固くなくてちょうどいい感じ。

つけ汁も塩っぱすぎずにふんわり優しい味。うまし。

つけそばには大根おろしと柚子が付いてきまして、



これを途中からつけ汁に入れると、味が変わって2度楽しめます。

大根おろしも柚子も初めての体験でしたが、これ、あいますね。

中華そば・つけそばともに優しい感じの味でしたが、
お店の人や雰囲気も優しい、とても良い店を見つけました。

中華そば・つけそば専門 百川 ラーメン / 東飯能駅飯能駅
昼総合点★★★★ 4.0




大きな地図で見る



080-1011-3110
埼玉県飯能市柳町16-20

http://tabelog.com/btb/99fe364db3aa18392add8c32b7c6d908/
新青梅街道沿いにある大勝軒です。

画像 283.png

この大きな看板が目印。

ここのお店、店内もテーブルもとても広くて、
家族連れにはいい感じです。

さらに、子供用のイスもたくさんあるし、
注文時に辛味を抜くかどうかも聞いてくれるし。

こういった配慮ってとても嬉しいですよね。

画像 284.png

極めつけは、店内に貼ってあった
「当店は量が多いので、お子様と分けて食べてね」って張り紙が
とても好印象でした。

大盛りにして子供とわけて食べましたよ。

こういうお店、大事にしたいですね。

武蔵村山 大勝軒
昼総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:つけ麺 | 上北台駅

JUGEMテーマ:埼玉
埼玉県には鶴ヶ島というところがありまして、
東武東上線・東武越生線が走ってたり、
関越自動車道や圏央道のジャンクションでも聞く名前ですね。
その鶴ヶ島に二郎インスパイア系ができたということで
行ってまいりました。
その名も魔人豚(BOO)。
二郎が基本黄色い色を基調としてるのですが、
この店は緑。
豚の絵が特徴的。持ってるのは豚骨?
店頭には若干の行列が.
二郎の人気は言うまでもないのですが、
こういうインスパイア系も大変人気みたいですね。
まあ、行列は慣れたもんです。
しばらく並んで店内へ。
店内に入ると、これまた二郎っぽいトッピングの説明が。
「にんにく」とは、その名の通りにんにくのみじん切り(おろしではない)
「野菜」は茹でたもやしとキャベツ
「アブラ」は豚の脂身部分
「カラメ」は唐辛子とかではなく、タレを足して味付けを濃くしてくれます。
ところで、この注意書きの一番下、赤い文字で書いてある部分、
「食べ終わったら食器はカウンターへ」っていう文字、
最近のラーメン屋さん、特に「うち!こわだってますよ!」ってラーメン屋さんで
デフォルトルールになりつつある感じを受けてまして。
店主ひとりもしくは少人数で切り盛りしてる店舗ならわかるんですが、
店員が余ってるようなお店でこのルールに出会うと、
なんだかなあって、もったいないなあって思うことがしばしば。
話を戻しまして、トッピングにはにんにくとアブラを頼みました。
お店の名前に豚とつくだけあって、豚がうまそう!
アブラは野菜の上に大量にゴッテリ乗っててちょっとびっくり。
味はというと、まさに二郎。
濃くてしょっぱくてアブラっぽくて麺が太くて、うまい。
二郎の味、癖になりますよ。食べたことない人は是非。
魔人豚
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 鶴ケ島駅