なんでわざわざ福生まで行って丸亀なのか。

 

福生には行ってみたいラーメン屋さんもたくさんありましたが、今回は子供二人連れということと、お腹の具合があまり良くないという状況であったため、胃に優しそうなうどんであり、大好きな丸亀をチョイスしたわけでございます。

 

 

店内、お座敷もあってテーブルもあって、丸亀の中ではかなり広々ゆったりな方じゃないですかね。テーブルの間も広々。

 

店内に掲示してあるこだわりを読むと、より一層美味しくいただける気がします。


 

いつもだったら冷たいぶっかけ系を頼むのですが、今回は暖かいものが食べたいなと。そこで釜揚げの大です。

 

天ぷらは舞茸をチョイス。舞茸の天ぷらは、おそらく世の中で一番好きな食べ物。


 

かなり大きな桶ですが、底が浅いためそれほどの量ではないですねー。3杯ぐらいは食えそうだ。

 

いつも美味しいうどんをありがとうございます。

 

 

関連ランキング:うどん | 福生駅

 

 

 

池袋に用事がありまして、どこか新しいラーメン屋さんでも行こうかなと探していたんですが、突然逆に懐かしいラーメン屋さんに行くたくなりまして、えるびすへ。

 

一体何年ぶりだろうか。確かなのは「十数年ぶり」というレベルでの久しぶりの訪問。

 

 

カウンターのみの店内はほぼ記憶にございません。一番スタンダードな「醤油らーめん」の食券を買いまして着席。

 

赤いお盆に乗って提供です。普通のラーメンだと具がちょっと寂しい感じですが、具よりも麺とスープを重視する私としてはなんら問題ございません。


 

スープを一口吸いますと、まあなんとも懐かしい味。

背脂チャッチャ系自体が懐かしさ溢れますね。

 

ラーメンとしてはとても美味しいラーメン。また十数年後に来よう。

 

 

関連ランキング:ラーメン | 池袋駅要町駅

 

 

 

浜松町に用事ができまして、良さげなラーメン屋さんを探していたところ見つけたのがこちら、利尻昆布ラーメン くろおび さん。

駅で言うと大門が近いですね。そしてお店のすぐそばには増上寺。

 

 

おそらく人生で初の大門上陸だったのですが、ここ増上寺周辺はめっちゃくちゃラーメン屋さんが多いですね。びっくり。観光客相手なのかな。

 

くろおびの店内はかなりこじんまりとしています。カウンターに座りメニューを眺めます。


 

どれも美味しそうだなーと悩みましたが、まずはオーソドックスなラーメンを。なんとなく濃い味が食べたかったので醤油にしましたよ。

 

スープを一口吸いますと、なんとも丁寧で優しい味が。どこか「懐かしいラーメンの味」にも近いですね。飛び抜けて昆布の味がするわけでもなく、たまに食べたくなるオーソドックスな味。近所にあると嬉しい店ですね。


 

ひとつ残念だなと思ったのが値段でして、普通のラーメンで800円はちょっとお高め。味玉がデフォルトで入ってたり、天然利尻昆布を使ってたりでしかたないんでしょうが。

 

ごちそうさまでした。

 

 

関連ランキング:ラーメン | 大門駅芝公園駅浜松町駅

 

 

 

 

六厘舎といえばラーメン好きで知らない人はいないであろう、つけ麺の超有名店です。

10年ぐらい前に大崎の本店まで食べに行ったことがあるのですが、六厘舎のつけ麺はいわゆる「豚骨魚介系」「極太麺」「魚粉を海苔の筏に乗せる」という、いまや当たり前の「あのつけ麺」のスタイルを作ったお店の一つでしょう。

 

このスタイルは瞬く間に流行り(おそらく)、その後いろんなところでつけ麺を食べるたびに「あ、このつけ麺、六厘舎っぽいな」と思ったものです。

 

 

さて、この日は池袋で飲んでおりまして、締めのラーメンを探していた所、22時以降で良さげな店として「舎鈴」を見つけました。

 

 

場所は東口ドンキホーテの裏ですね。駅から徒歩3分ぐらいでしょうか。

細い路地にあり余り目立つ立地ではないので、お店の存在を知らなかったら通ることはないかもしれない路地。


 

店内はカウンターとテーブル席。行列ができることもなく、7割ぐらいの客入りでしょうか。調理場には六厘舎のロゴ?がディスプレイされております。

 

飲みの後ということで、つけ麺の並盛りを。630円となかなかリーズナブル。

 

パット見はまさに「あ、このつけ麺、六厘舎っぽいな」でした。ただ、海苔の筏に魚粉が乗ってないところが違う。


 

味も「あ、このつけ麺、六厘舎っぽいな」という味わいで、ある意味懐かしくもあり、若干食傷気味でもある。

麺は極太で結構固め。喉越しというよりは食べごたえを感じる麺ですね。

 

つけ麺好きからすると目新しさはほぼ無いつけ麺ですが、安定した美味しさは感じました。

 

ごちそうさまでした。

 

関連ランキング:ラーメン | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

 


人生で始めた食べたつけ麺は高田馬場の「やすべえ」。そこでつけ麺の魅力にハマり、その後いろいろな店でつけ麺を食べ歩きまして、その中で見つけた一番好きなつけ麺は、高田馬場の「べんてん」でした。

 

 

残念ながら高田馬場のべんてんは閉店してしまいましたが(別の場所で復活したようですが)、じゃあ2番目に好きなつけ麺ってなんだろうと思い返しますと、淡路町で食べた「つじ田」のつけ麺でした。ピカピカツルツルの麺とすだちが印象的。

 

淡路町と飯田橋のつじ田にはかなりの回数通いましたが、麹町は初訪問。

 

お店は交差点の角地ですね。店内はかなりコンパクト。


 

8席というのはかなり小さいですね。

 

食券機は店外にあるので並んでるついでに購入。


 

並んでる間に店員さんがお茶を入れてくれましたよ。店員さんは外国の方が多く、名札に出身国?の国旗をつけてるのが印象的でした。

 

普通のつけ麺が880円とかなり強気の値段設定ですが、その値段以上の旨さをいただいております。麺は300gまで増やしても同料金。


 

ピカピカの麺とすだちを見ると「あーつじ田に来たんだなー」と。つけ汁は濃厚でかなり熱いので注意。

 

食べ途中にすだちを麺に絞ると、かなりさっぱりした味わいに。「つけ麺に柑橘系の果汁を絞る」って考えた人偉い。

 

渋谷か高田馬場にできてくれないかなー。

 

関連ランキング:つけ麺 | 麹町駅半蔵門駅永田町駅